「俺はわかってる」

私は仕事柄、 多くの経営者さんと …